面接を受ける時の髪について

面接を受ける時の髪について

アルバイトでも正社員でも同じですけど、面接時の髪というのは面接官も見ている部分ですし、いかに清潔感があるのかが大事になってきます。ですので、面接を受ける時には、自分の髪の状態を確認して、清潔感を出してから挑むようにします。そこで、主に見られるのが髪の色と髪の長さになってきます。髪の色は黒にしておくようにします。茶色や金髪など髪を他の色に染めている場合は、それがマイナスポイントになってきます。ですので、髪を染めている人は、黒染をしてしっかりと黒い髪の毛で挑むようにします。また、生まれた時から髪の色が黒でない場合は、その事をしっかりと面接官に時前に報告するようにします。

髪の長さですけど、女性の場合は長くても大丈夫ですけど、しっかりと結んでから面接に挑むようにします。派手に結ぶのではなくて、1つに髪を結んで清潔感を出していきます。また結ぶものも派手なものではなくて、なるべく地味なものにしておきます。また、男性ですけどこちらは髪が長いですとマイナスポイントになりやすいです。ですので、長い人は美容室などで髪をある程度、短くしてから挑む方がプラスになってきます。男性の場合は、長い髪の毛ですと、不清潔と評価される事があります。